アド・アストラ を観てきました

映画

ブラッド・ピッドが主演だからなのかTVなんかでもやたらと取り上げられているアド・アストラ。

宇宙物好きとしては何となく気にしていましたが、ちょっと時間ができたのでチケットを購入してみました。

Before

順番は逆になるけれども公式サイトを見てみると……

時は近い未来。宇宙飛行士ロイ・マクブライドは、地球外知的生命体の探求に人生を捧げた科学者の
父クリフォードを見て育ち、自身も宇宙飛行士の道を選ぶ。
しかし、父は探索に出発してから16年後、太陽系の彼方で行方不明となってしまう。
だが、父は生きていた──ある秘密を抱えながら。
父の謎を追いかけて地球から43億キロ、使命に全身全霊をかけた息子が見たものとは──?

うーん、これってダメじゃないんだけど、ちょっと見たい映画と違う感じ。

そして、こうも書かれていた。

宇宙に消えた父の〈謎〉を解かなければ、人類は滅びる

うーん、思っていたのと違う。

でもいくつかのシーンはSFっぽい宇宙物みたいだし、いい方向に裏切られるのかも、チケットも買っちゃったし。

さて、どうなりますか。

After

時代背景としては今より少しだけ先の未来。月への旅行もそんなに難しくなさそうで、月面基地の開発が進んでいるものの、一部は無法地帯化しているところもあり山賊的な不法行為も行われている。他の惑星への足がかりとして月面基地が使われていて、火星には軍事基地が作られている。しかしそこから先へは人類未踏の地であって、地球外知的生命体調査のため海王星に向かった程度。

この少しだけ未来の世界というのが妙なデバイスや不可解なテクノロジーが出てこないため現代とのつながりを感じさせいていいかんじ。宇宙船を始め機器類は今でもどこかにありそうな感じの作りになっているし、無重力空間の雰囲気もいい。

人工重力なんて不可解なものは出てこないし、惑星間をあっという間に移動できる手段もない、今の技術をベースにしたらこんな感じかもっていう舞台設定は趣がありました。

で、そこに行方不明だった父が実は生きていたというドラマ的なストーリーが載せられるかっていうのが1番のキモになってくるのです。

正直な感想として、うーん、何だかなぁって感じです。

ブラッド・ピット演じるロイはどのような困難な場面でも冷静に判断と行動ができるという優秀な宇宙飛行士なので、この優秀さを見せるシーンが所々有るのですが、正直言って不要なようなというか、無理があるようなというか、もっと別の方法があるんじゃないかというか、周りがダメすぎだろという感じがしちゃいました。

今は存在しない宇宙活動なので想像でしかないのですが、何でそんな事するんだろうって疑問点もいくつかあり、せっかく宇宙という舞台をリアルに作っているのにちょっと残念なシーンも。

後半の最後の方は漫画ですね。今までのリアルさをまとめてぶん投げてます。

ネタバレあり

ここから先はネタバレを含みます。

ロイは初っぱなの事故シーンではちょっと無謀っぽい危機回避をやってのける冷静かつ優秀な宇宙飛行士です。そんな彼の所に消息不明で死亡と思われていた父が実は生きていて、今回の事故も父が関わっているとの情報を知らされ、父へ帰るよう説得のため火星基地に行く事になります。

ここで何で火星なの?って思うわけです。相手は海王星にいるわけで、地球なのか火星なのかはあまり関係してこないんじゃないかと。機密保持のために火星なのかなとか思うわけですが、なんか必然性を感じません。まぁ、地球上で事済んでしまったら舞台不要になってしまうのですが。

火星に向かうには月面の基地から出発となりますが、月までは民間機で向かって、月面の軍事基地までは月面車での移動となります。月面には治安の悪い所があり、そこを通らざるを得ず、案の定襲われる事になります。月面車でのカーチェイスで難を乗り切り、応援の上空(月面なので正確には空じゃありませんが)からの攻撃によって悪党を退治します。

いやいや、なんで月面車なの? 治安が悪いとわかっていて、上空からの攻撃ができるぐらいなら最初っから上空を移動すればいいじゃない。月面車でカーチェイスができるほどの機動力があるかどうかはともかく、何の装甲もない月面車で重要な軍事活動で唯一の人材を運ぶとか意味不明としか思えないんですけど。

火星への移動中、救難信号を受けて実験船へ救助に向かいます。船長とロイが救出に向かいますが、船長が死亡してしまいます。船長の遺体は宇宙空間へ投棄される事に。

ちょっとちょっと、何で船長の遺体を投棄する必要があるの? 救難信号を受けて進路を変更できるだけの燃料があるかどうかという面倒そうな設定は置いておくとしても、船長自ら調査に行っちゃうし、実験船の調査もそこそこに遺体を遺棄して火星に向かうとか端折り過ぎでしょ。

火星に着陸する時に事故が発生して自動着陸不可能に。パイロットは何をしていいのかわからず茫然自失。ロイが対処して事無きをえます。

もうね、この辺りで疲れてきました。何も対処できず着陸すらできないパイロットとか何のためにいるのやら。結局操縦するシーンは皆無でして、ロイが活躍するための状況でしかありません。

火星から海王星に向かって呼びかけるも応答無し。ロイは地球に返される事になりますが、その一方で事故の原因となっている海王星のクリフォードを抹殺する計画が始まっている事を知り、火星から飛び立つ宇宙船にロイは潜り込むが直ぐに発見され戦いに。結果、ロイ以外の乗組員は死亡。ロイは単独で海王星に向かう事に。

うーむ、宇宙船へ潜り込む事ができるかどうかはともかく、離陸直後に問題が発生した時の対処をパイロットが知らないってのは問題でしょ。そして船内で銃(のような物)を撃つなよ。遺体はやっぱり船外へ投棄なんだね。軍の宇宙船が乗っ取られたというのに追っ手がいないというのはどういう事なんでしょう?

海王星に到着し父と再会したロイ。他のスタッフは全員死亡。ロイはクリフォードを説得して共に地球に帰る事になるが、結局クリフォードは帰らない事を選択。ロイは施設を破壊して、単独で地球へ向かう。

あーあ、もう意味不明。何でスタッフは死ぬ事になったのか、何故地球に害をなす事をしたのか、帰らない理由は何なのか不明なまま。精神疾患として一括りにしてもいいけど、それじゃ何の解決にもなってないし。宇宙遊泳で宇宙船に戻る時もパネルを盾にして隕石群を突っ切るという無茶をしてるけど、それってロイ単独ならともかくクリフォードと一緒だったらどうするつもりだったんだろうって感じだし、地球に向かうのに核爆弾の衝撃波を利用するってのは無理でしょ。

前半は見事な宇宙シーンが多くて結構期待しちゃいましたが、後半の火星辺りからちょっと意味不明な感じが出始めて最後はちょっとなぁって雰囲気になっちゃいました。なんか無理やりドラマチックにしたくて月面車でのカーチェイスとか救難信号への対応とか入れてしまったので肝心のストーリーが描ききれていないって感じになってしまったんではないかと。もっと普通に作れば良かったんじゃないかなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました