python データ型

データ型

数値

文字列

リスト

いわゆる配列。

[]で囲んでリストを作成する。

カンマで要素を区切る。

>>> [1, 2, 3, 4, 5]
[1, 2, 3, 4, 5]

要素の最後にカンマがあってもいい。

>>> [1, 2, 3, 4, 5,]
[1, 2, 3, 4, 5]

オブジェクトの種類が混在してもいい。

>>> [1, 2, 3, 'a', 'b', 'c']
[1, 2, 3, 'a', 'b', 'c']

タプル

作成後に値を変更できないリスト。

()で囲む。

>>> (1, 2, 3, 4, 5)
(1, 2, 3, 4, 5)

要素の最後にカンマがあってもいい。

>>> (1, 2, 3, 4, 5,)
(1, 2, 3, 4, 5)

要素が1つしかないと、タプルなのか数式なのかわからなくなってしまう。なので、要素が1の時は最後にカンマが必要。

>>> (1,)
(1,)

辞書

キーと値のペアを配列のように扱う。

いわゆる連想配列。

{}で要素を囲む。

>>> {'a': 1, 'b': 2, 'c': 3, 'd': 4, 'e': 5}
{'a': 1, 'b': 2, 'c': 3, 'd': 4, 'e': 5}
タイトルとURLをコピーしました