shoulder pod その後

以前iPhoneホルダーのShoulder Podを購入した記事を書きました。

その後、どうなっているのかを書いてみます。

結論から言えば、結構役立っています。

iPhoneを三脚に固定するホルダーの類は今では100均ショップでも並んでいるぐらいメジャーになっていますね。

よく見かけるのはバネの力でiPhoneを挟むタイプですよね。指で引っ張ってバネを伸ばしてからパチンとiPhoneを挟むやつです。

確かに1〜2枚程度を撮影するのであれば、それが手軽で十分だと思います。でも、そこそこの枚数を撮影するときや、動画撮影時にはShoulder Podが大いに役立ってきます。

Shoulder PodはネジでiPhoneを締め込んで固定するので、がっちりと固定できます。ゴムのグリップ力が強いので、軽く締めるだけで十分な保持力があります。

三脚や自撮り棒に乗せて1〜2枚撮影するにしても、傾けたときにiPhoneが外れて落ちてしまう心配は皆無です。というか、雑に扱っても外れません。ちょっと移動するときにカバンに放り込んでもずれてしまうことがありません。

ネジで締めるのが手間じゃなないかと言われると、確かに手間のように思いますが、慣れてしまえば簡単なものです。それにカメラグリップのように持てるので撮影がとても手軽になりますよ。

三脚にも取り付けできますし、グリップ力が強いので縦位置にしても大丈夫です。

何と言っても特徴的なのがグリップが木製というところです。

もちろんネジは金属製です。

先にも書いた通り、クランプ部分だけで結構便利に使えます。ほとんどのシーンではクランプ部分だけあれば、三脚にも取り付けられるし、iPhoneをしっかりホールドできます。

このグリップが活躍するのはビデオ撮影の時ですね。iPhoneを直接持つよりも撮影の自由度が高くなります。ビデオ撮影時にはiPhoneのマイクを塞がないようにホールドする必要がありますし、色々な方向を自由に向ける必要が出てきますので、このようなグリップが便利ですね。

木製なので冬場に冷たい思いをせずに済んでいます。おそらく夏場に汗で滑ることを防いでくれると思います。

グリップの底にはネジがありますので、そのまま三脚に固定することもできます。
ただ、惜しいことに、底に付いているゴムが少し厚みがあって、雲台の三脚ネジにしっかり固定できているか気になる時がありますね。ゴムを外してもいいんですが、そうするとゴムを無くしそうです。もうちょっと薄ければ良かったかな。

常に持ち歩くにはちょっとかさばりますが、鞄に放り込んでおけば役立ついざという時役立つ一品ですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。