Amazonのほしい物リストを公開してみた

サクッと検索できてポチッと注文できてしまう手軽さから、ちょくちょくAmazonで買い物をしています。

直ぐに必要になるわけでもない物なんかは、ほしい物リストに登録して置いて、何かを注文するときに一緒に購入するという使い方をしています。

それ以外にも、こんな物が世間には有ったんだって気づいた時のメモがわりにしたりもしてます。ほしい物ではなくて、気になったものリストですね。

このほしい物リストって公開もできるので、公開してみました。右のプロフィール欄にリンクを置いてみました。

公開したところで誰かが得するとは思えないのですけどね。

アメリカなんかだとプレゼントの参考とかに使われてるんでしょうか?

なんか、欲しいって公開したものがプレゼントされれば確かに合理的だとは思いますけど、それって意外性が無くてイマイチなような。

私の場合には、欲しくなるかもしれない物と、消耗品と、気まぐれが混じってますから、Amazonが期待している使い方ではなさそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク