SSHのメモ

Linux

SSHの設定メモ。

秘密鍵と公開鍵の生成

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -f .ssh/test -C "comment"
Generating public/private rsa key pair.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in .ssh/test.
Your public key has been saved in .ssh/test.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:fbf+J0xU56VDnt2e6rNiYFdjHSauswjs4uUC2Efa478 comment
The key's randomart image is:
+---[RSA 4096]----+
|                 |
|             ..o+|
|            .o+*=|
|     .   .   =*.+|
|  o + . S . =.oo.|
| . + + o o = ..o.|
|    + o.o + ooo  |
|     +o. . + +o .|
|    ..+E. . oo+oo|
+----[SHA256]-----+
オプション 機能
-b ビット数を指定。今時は2048とか4096とか
-f 秘密鍵の出力ファイル名を指定。公開鍵には.pubが付く。
-t 暗号化方式を指定。
-C コメント。

パスフレーズを聞いてくるので入力。何も入力しなければパスフレーズ無しになる。

秘密鍵のパスフレーズの変更/削除

パスフレーズの削除については、パスフレーズの変更時に何も入力しない事で行える。

$ ssh-keygen -p -f .ssh/test
Enter old passphrase:
Key has comment 'comment'
Enter new passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved with the new passphrase.
オプション 機能
-p パスフレーズの変更。

次のようにしてもいい。

$ ssh-keygen -p -f .ssh/test -N "" -P "old passphrase"
Enter old passphrase:
Key has comment 'comment'
Your identification has been saved with the new passphrase.
オプション 機能
-p パスフレーズの変更。
-N 新しいパスフレーズ。
-P 今のパスフレーズ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました