Windows Server 2019 の Remote Desktop の ポート番号を変更する

Windows

いつの間にかWindows Serverが2019になっていました。もう2021年だというのに。

とりあえずインストールしまして、リモート操作が中心になるのでセキュリティを確保する一環としてポート番号を変更しておきます。

デフォルトは3389なんですが、これを任意の値に変更します。

ポイントは2つ。

  1. RDPのポート番号を変更する。
  2. Windows Defender ファイアウォールで通信を許可する。

Windows Defenderでの通信許可を忘れるとリモート操作が一切できなくなって途方に暮れることになります(実績有り)。

RDPのポート番号を変更する

ポート番号の変更にはレジストリ エディターを使います。

タスクバーの検索からregeditを検索してレジストリ エティターを起動します。

Regedit

レジストリ エディターで HKEY_LOCAL_MACHINE → SYSTEM → CurrentControlSet → Control → Terminal Server → WinStations → RDP-Tcp を選択します。

PortNumberをダブルクリックします。

RDPPortNumber

値を編集できるようになりますが、ポート番号は一般的に10進数を使うので、10進数表示にしたほうが便利です。

PortNumber

レジストリ エディターでの作業はここまでです。

Windows Defender ファイアウォールで通信を許可する

タスクバーの検索からfirewall.cplを検索してWindows Defender ファイアウォールを起動します。

Firewall

詳細設定をクリックします。

Firewall1

受信の規則をクリックします。

Firewall2

新しい規則をクリックします。

Firewall3

規則の種類でポートを選択して次へをクリックします。

Firewall4

プロトコルおよびポートでTCPと特定のローカルポートを選んで新しいRDPのポート番号を入力し、次へをクリックします。

Firewall5

操作で接続を許可するを選択して次へをクリックします。

Firewall6

プロファイルは特に気にせず全て選択しておいて良いと思います。もしプロファイルに関する操作があればここで指定します。次へをクリックします。

Firewall7

名前で今回の設定の名前を指定します。完了をクリック。

Firewall8

受信の規則に追加されました。

Firewall9

これでWindows Defender ファイアウォールの設定は完了です。

再起動

Windows Server 2019を再起動して設定を反映します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました