Android版 COCOA不具合放置

戯言

日経でCOCOA不具合が対応されなかった経緯が記事になっていた。

新型コロナ: COCOA重大バグ放置 厚労省のずさんなテスト実態: 日本経済新聞

厚労省が何かと忙しい部門であることは以前から何かと言われてきていたし、コロナ禍でよりいっそう大変なことになっているのは想像にかたくない。

とはいえ、忙しいのを改善するのも仕事の内だし、それも以前からと言うのならそもそも自浄作用がどうなのかとも思う。公務員を削減したり天下りが禁止されるなど公務員が美味しい職場ではなくなりつつあるのだとも思う。

今回COCOAの不具合が放置されてしまったのは厚労省側にCOCOAが機能しているかチェックする体制が全くなかったことが明らかになった。

アプリの動作を確認しようにも確認方法を用意しておらず、納品されたアプリが正しく動作するか開発側にチェックすらしていなかった。つまり、『動作すると思われる』レベルの製品だったわけだ。で、動作しなかったと。

githubに不具合が報告されても窓口が違うからと報告内容は伝わらない。

COCOAの接触確認の仕組みはGoogleやAppleが都度仕様を変更し続けている面もあって、開発側の負担も大きかったのだろう。こういう変わり続ける状況に追従するのは行政のシステムでは想定されていなかったのではないかとも思う。ある明確な仕様に基づいてシステムを構築し、変更点については運用という名の人力で何とかカバーすると言うスタイルが身についていたのではなかろうか。今回のように人力では届かない部分の変更点までは考えていなかったと。

デジタル庁なるものがどう関わって行くのかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました