鬼滅の刃 無限列車編 を見てきた

映画

本屋を覗けばコミックスが大量に平積みされて購入制限までされている鬼滅の刃。大ヒット中だというのに最終回を迎えるというのも話題になりました。

その映画版である鬼滅の刃を見てきました。

実はコミックは読んだことがなくて、NETFLIXでやたらとおすすめとして表示されるので特に興味があるわけでもなく見てみたというのが最初でした。

まぁ、結局そんなにハマることなくまぁまぁ巷に溢れるグッズの予備知識が得られた程度というところです。

アニメを見た限りではこれはダイジェスト版なんだな程度にしか思えませんでした。だって炭治郎はあっという間に強くなるし、いきなり『全集中の呼吸』とか言い始めて鬼を倒すし。一体いつその必殺技を覚えたんだよ。

そんなこんなで正直いって映画を見に行くほどのファンというわけではないのですよ。

ところがどっこいアニメは途中で打ち切られるように終わっているし、映画はアニメの続きだっていうし、なんだか大ヒットで興行収入が前代未聞の勢いで積み上がっていくし、複数のスクリーンでバスの時刻表並みの上映をしているしで、時代を押さえておく程度には見ておこうかなって思ったわけです。楽天ポイントもたまってきたし。

当然の事ながら映画館は混んでいるだろうから平日のレイトショーにしました。今まではレイトショーだと3人とか5人とかで見ることが多かったのですが、なんと20人はいましたね。皆さん仕事は大丈夫なんでしょうか。

IMG 0878

結論から言うと面白かったですね。

アニメの続編という事もあって、余計な登場人物紹介は一切無し、状況の説明も無し、なんでこんな事になっているのかも解説無し。いきなり見たら意味不明な所だらけで混乱するかもしれません。でも最低限の説明を受けていればアニメを見ていないとしても状況を受け入れられる体質なら楽しめると思いますよ。

ちょっと気になったところといえば、炭治郎の耳飾りのデザインがチョクチョク変わっているところでしょうか。まぁ、些細なところですけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました