Lightroom を試してみた

写真

写真の管理をするのにAdobe Photoshop Lightroom を試してみました。

実は数年前にLightroom Classicと名前が変わる前ぐらいに使っていたことがあったのですが、写真を管理するのが面倒になってしまってMac付属の写真app(ほんと、名前が紛らわしい)で済ませていました。ところがこれはこれで面倒な側面もあり、今時のLightroomならなんとかなるのではないかと試用してみた次第です。

結果から言えば面倒なのは変わらないというか、写真appとの併用は避けられず、Adobe Creative CloudとLightroom Classicの環境が面倒ということで、見送る可能性が高いです。

今、これを書いている時点では試用の最中なので、最終的には変わるかもしれませんが。

写真appで面倒になった理由

Macに標準で付属している写真appは結構機能が充実していますし、写真の非破壊加工なのでオリジナルデータを気にする事なく調整ができます。

以前はApertureを使っていましたが、Appleが開発を終了してしまった後に紆余曲折を経て写真appにまとめていました。

結構便利に使っていたのですが、細かな事なのですが使い勝手がイマイチに感じていました。

写真や画像データが一緒になってしまう。

写真appはMacやiPhoneなどのAppleの画像データをまとめて取り扱います。また、各種アプリケーションも画像の保存に使ったりします。

そのため、スクリーンショットやSNSで流れてきたイラストや軽い気持ちで撮影した写真、そして気合を入れて撮った写真が一緒に管理されます。

一元管理でキーワードやメタデータを元に管理するというコンセプトはいいと思うのですが、スマートアルバムも数が増えると煩雑になりがちなので、気合を入れて撮った写真程度は分離しておきたいのです。

iCloudの容量も必要になってくるのでAdobe Cloudはどうなんだろうって疑問もありましたし。

Lightroom の種類

Lightroomはいくつかの種類があり、使い勝手が異なっています。

Photoshop Lightroom Classic

昔はPhotoshop Lightroomという名前でした。その後、Adobe社がクラウド化を進めた関係でPhotshop Lightroomが新しくなって、それまでのPhotoshop LightroomがPhotoshop Lightroom Classic CCになりました。今では最後のCCが取れたようです。

元データはローカルにあり。

MacのメニューバーにはLightroom Classicと表示されます。

このブログではClassicと書きます。

Photoshop Lightroom

Adobe社のクラウド対応でリリースされたLightroom。それまでのLightroomとは別物でAppleの写真appのようなシンプルな使い勝手。

元データがクラウドにあり、ローカルにはプレビューデータのみ。

多くの機能があるけれども画面をシンプルにする関係なのかメニューの奥の方にありがちで慣れるまでちょっと時間がかかりそう。もしかしたらClassicよりも機能が少ないかもしれないけど、使い勝手の問題だけかもしれない。

iPhone版 Lightroom

iPhoneのカメラでRAW撮影(DNG)ができるのが売り。でもLightroomを立ち上げてからカメラアイコンをタッチしなくはいけないのが面倒。

色々編集機能があってデスクトップ版と遜色なさそうだけど、いかんせんiPhoneの画面では操作が難しい。

元データはクラウドにあり、ローカルにはプレビューデータのみ。

ClassicでCloudと同期する

Classicはカタログという仕組みを使ってデータを管理しているので元データの位置と調整情報はカタログに記録されていて、元データはローカルのHDDに別途保存されているわけです。

クラウドのデータへの対応をするためにカタログをクラウドと同期できるのですが、同期できるのは1つのカタログのみという制限付きです。でも実際には1つ同期できれば十分でです。ただし、クラウドと同期する時には注意が必要です。

クラウドからClassicへ

クラウドに元データがあって、Classicへ同期する場合には元データがClassicへダウンロードされます。この元データはClassicで写真を読み込んだ場合と異なり、Mobile Downloads.lrdataという専用のファイル(パッケージ)に保存されます。このファイルがクラウドとの同期対象となるわけです。

Classicからクラウドへ

Classicで元データを読み込んだ場合は読み込み時の設定に従ってローカルに保存されるわけですが、同時にクラウドへもプレビューデータがアップロードされます。プレビューデータしかアップロードされないので他のデバイスで細かなチェックをしたくても難しい場合は出てきます。

同期をどうするか問題

LightroomとClassicを使っていこうとすると、Lightroomで読み込んだ元データはクラウドで保存されていてClassicと同期されている一方で、Classicで元データを読み込んだ場合にはClassicのローカルにしか元データはありません。

Classicの同期に使われるMobile Downloads.lrdataの内容は今後どのような変更があるか分からないので気にしないでおくとすると、LightroomはクラウドでClassicはローカルと読み込んだ方法によって元データの保存場所は変わってしまいます。

もしLightroomで元データを削除した場合、Classicではなぜか削除されません。カタログの「すべての同期済み写真」からは無くなるのですが、「すべての写真」からは無くなりません。正直トリッキーで困りそうです。

バックアップをどうするか問題

クラウド内の写真はAdobe社によってバックアップが取られているようなのですが、手元に置いておきたいと思うのが正直なところ。

Lightroomから「書き出し」を選べばローカルに書き出されますし、調整データもメタデータとして埋め込まれるようです。ただ、クラウドからダウンロードすることになるのでちょっと時間がかかるかもしれません。

Classicの場合はローカルでのコピーとカタログのバックアップで済みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました