NHKプラスを申し込んでみた

戯言

3月1日にサービス開始となったNHKプラスに早速申し込んでみました。

なんと言っても無料というのはありがたいです(地上波のNHK受信料はかかりますが)。

NHKプラスは地上波と同時にインターネットでも番組を視聴できるサービスです。見逃し対応としてTVerやNHKオンデマンドもありましたが、やはり同時視聴は便利です。

申し込みは簡単で自分のIDやパスワードといったいくつかの情報を入力するだけでした。NHKの受信契約の確認の為でしょうけど後日葉書が送られてくるので、その葉書に書かれているコードを入力すれば完了です。

番組視聴はIDとパスワードを登録した段階でできるようになります。ブラウザでもiOSアプリでもandroidアプリでも視聴できますし、5箇所まで利用できるというかなり太っ腹なサービスになっています。

それも7日間の見逃し配信までできるという内容です。一消費者としてはTVとは斯くあるべしって感じさえします。

ただ、全ての番組が対応しているわけではないのですが、これはやはり権利関係が絡んでいるんでしょうね。

NHKプラスで見られない番組の時はドーモ君などの10秒程度のアニメーションが流れています。

地上波同時放送

同時放送とはサイマル放送とも呼ばれていて、複数のチャンネルやメディアで放送することです。YouTubeが普及している今では当たり前のようにも感じますが、放送と通信の垣根の攻防を繰り広げてきた放送業界にとっては画期的な事だと思います。

NHKのインターネットでのサイマル放送は随分前から構想はあったようですが、スマホからも視聴料を取るとかなんとかで混沌としていましたが、時代の流れからして避けられないサービスでもあって一体どこに着地するのか気になっていました。

今回のNHKプラスサービスでは既存地上波の受信料を納めている事が前提とはいえ、無料サービスにしたのはかなり思い切った決断だったのではないかと思います。

NHKがこの設備にどれぐらい気合を入れているかは知る由もありませんが、NHKとしてのサービスを提供しているいじょうはインターネットに流せばいいやって軽い設備にしているとはとても思えません。送出内容の品質確認だけでなく、CDNとも連携して配信状況のデータも事細かにチェックしている事でしょう。このあたりの情報はそのうちに少しずつ漏れ聞こえてくると思いますので、楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました