狩猟免許(わな)取得記

資格

狩猟免許とは

いわゆるハンティングなどと言われる狩猟をするには免許が必要になります。狩猟というと散弾銃やライフル銃を使った猟を想像すると思いますが、この免許の範囲ので狩猟とは網を使ったもの、わなを使ったもの、銃を使ったものに分かれています。さらに銃に関しては装薬銃(散弾銃やライフル銃)と空気銃に分かれていて、以下の4種類の免許があります。

  • 網猟免許
  • わな猟免許
  • 第一種銃猟免許 (装薬銃、空気銃)
  • 第二種銃猟免許 (空気銃)

狩猟免許は各都道府県毎に行われるので、私の受験した埼玉県と若干の違いがある所もあるかと思いますが、基本的には環境省の管轄の免許ですので内容はほとんど同じだと思います。

わな猟免許とは

文字通りわなを利用した狩猟です。世間には多くのわながありますが、利用できるわな、利用できないわな、捕獲して良い狩猟鳥獣、狩猟期間や狩猟できる場所などの知識が求められます。

ちなみにわなの狩猟免許でトラバサミや落とし穴は許されていませんし、鳥の捕獲もできません。

わな猟免許の申し込み

試験の日程などは住所のある各都道府県のホームページに記載されています。キーワードで狩猟免許を検索すると見つかると思います。試験の申し込みは環境管理事務所になります。

いきなり受験するといっても、試験勉強をどうすれば良いのか、どんな問題が出るのかわからないといった疑問が当然あります。そこでこの試験対策を行なっているのが猟友会です。猟友会というともっぱら銃でかりをしているというイメージを持っていたのでちょっと意外でしたが、行政としては有害鳥獣の駆除を行いたいですし、猟友会としても狩猟者を増やしたいという意向があるようでして、利害の一致というところのようです。

狩猟免許は、環境管理事務所に受験の申し込みをして、猟友会に講習の申し込みをするという形になります。もちろん猟友会の講習は必須ではありませんが、受講しておいて損はないと思います。

環境管理事務所

試験の申し込みは環境管理事務所に行います。直接窓口を訪れても良いですが、郵送でも申し込みができます。

私は直接窓口を訪れることにしました。というのも、同じ建物内に猟友会の事務所があり、そちらで講習の申し込みをしたかったからです。猟友会ってどんな所なのか実際に見ておきたいという興味もありました。

受験の申請用紙をもらって準備に入りますが、以下の3つが必要になります。

  • 受験料として収入証紙で5200円
  • 写真
  • 銃の所持許可証の写しもしくは診断書

ここで不思議に思ったのが「銃の所持許可証の写しもしくは診断書」という所でして、狩猟の免許を取ろうというのに銃の所持許可証が必要になるとはどういうことなのか、狩猟免許を取ってから銃の所持云々って話になるんじゃ無いのって所です。
実は後に銃砲店で話を聞いたのですが、銃の所持許可は狩猟免許とは別にあって、先に銃の所持許可を取得していれば狩猟免許申請が若干ですが楽になるというのです。銃の所持許可の際に診断書が必要になりますので、狩猟免許をとってから銃の所持許可を申請すると診断書が再度必要になってしまうわけですね。

私の場合、銃の所持許可は持っていませんので必然的に診断書を用意することになります。

収入証紙という言葉はここで初めて知りました。最初は収入印紙かと思ったのですが全く違うものです。そもそもどこで手に入るのかわからず担当の方に聞いてみたところ同じ建物内に販売所があると親切に教えていただけました。

あ、猟友会を訪れてみての感想ですが、封書や書類が雑然としていて事務所感満載とだけ書いておきます。

診断書をもらうのに一苦労

病院での診断書は結構お金のかかる話なのですが、ある意味お金で済ませられる事でもあるので診断書ぐらい簡単にもらえるだろうと軽い気持ちで病院を訪れました。ところがどこも診断書の発行のみはやっていないとの門前払いを喰らってしまいました。

考えてみれば、病気にかかっているとの診断は検査すれば結果が出て明らかなので診断書の発行はできるのでしょうが、精神疾患が無いということはある意味悪魔の証明に近いものがあり、責任持って発行はできないということなのでしょう。

病院としての立場はわかりますが、これでは受験そのものができません。そこで銃砲店を訪れて診断書を書いてもらえる病院を教えてもらいました。銃砲店に入るのはこれが初めてでしたが、全くの初心者である私にも丁寧に色々と話をしていただき、お茶まで出していただいたりして、思わぬ楽しい時間を過ごせました。普段知らない分野の話は興味深くて楽しいですね。

診断書については病院では簡単な問診を受けて、無事診断書を書いてもらいました。もちろん費用がかかります。確か数千円しました。

猟友会

狩猟に関する法規類や猟に使うわなや、狩猟鳥獣の種類などを一から勉強しても良いのですが、現実的には猟友会の講習を受けるのが手っ取り早いでしょう。

猟友会を訪れて講習の申し込みと問題集の購入をしました。講習に申し込むとテキスト「狩猟読本」を渡されます。講習の申し込みに1500円、問題集も1500円でした。余談ですが、講習のテキストが1500円となっていて、講習そのものにかかる会議室代金や講師の費用は県が負担しているとのことです。県としても狩猟者の増員を期待しているようでした。

講習会

猟友会の狩猟免許講習会では試験対策のポイントを解説してもらいました。試験そのものズバリでは無いですが出題傾向やキーワードを知るだけでも参考になります。過去の試験では猟友会の狩猟読本から出題されているとのことですので、基本的には狩猟読本をしっかり読み込んでおけば大丈夫なようです。

狩猟鳥獣の判別は紙芝居のようなイラストで鳥獣の狩猟可否と名前を答えるのですが、特徴を表しているイラストとはいうものの、似ている鳥獣の判断には迷ってしまう所もあります。そのようなイラストに対応するための判断のポイントを教えてもらえるので結構助かります。

わなの判別と架設については普段わなに馴染みが無いと難しいと思います。わなに関する知識は紙の上だけではわかりにくいですが、実物を用いて実際の試験と同様の練習ができますので心強いです。わなの構造は簡単とは言え、その場で初めて触るのであれば正しく架設できたかどうかは自分では判断できないと思います。試験では架設ができないと不合格になってしまいますので、これだけの為にでも受講しておいた方がいいでしょう。

総じて言えば、受講しておくべきだと思います。私のすぐ近くで受験していた方は、架設ができずに不合格となっていました。

狩猟免許試験

IMG 0461

試験会場には約100人もの受験者で会場はびっしり満員でした。狩猟免許を取る人がこんなにいるなんてビックリです。

知識試験

正しい知識を身につけているかの試験ですので、変にトリッキーな問題はなく、狩猟読本と問題集をやっていればそんなに困難では無いと思います。問題集そのままに近い問題もありましたが問題集の雰囲気のまま用語を変えている問題もちらほらありました。もし合格のためだけに勉強をするなら、問題集で出題の傾向を見ながら狩猟読本で内容をしっかり押さえる方法が効率がいいと思います。

適正試験

適正試験は余程の事がなければ大丈夫です。ラジオ体操のように手足を動かせる事、名前を呼ばれて分かる事、視力は車の運転に差し支えない事程度です。

技能試験

技能試験は基本的に講習会で習ったものと同一です。この実技試験に落ち着いて対応するためにも講習会に参加しておく方が良いと思いました。

わなの判別では初めて見る各種わなが使えるか使えないかのポイントを見極めるのはなかなか大変でしょう。バネやワイヤーといったわなを構成する部品は数多くありますので、短時間に使えるもしくは使えないと判断するのは意外と困難に思えます。ちょっと反則気味ですが、予め講習会に出ておく事で判断のポイントが分かります。

わなの架設も講習会と同様でした。世間に販売されているわなは数多くありますので、それら全てをスムーズに自信を持って架設することはまずできないでしょう。試験の場で試しに動作させてみて大丈夫かどうかを確認することはできませんので、事前に予行演習しておかないと不安ですし、不安が緊張になればできる事もできなくなりがちです。

鳥獣の判別も講習会と同様でした。判別にかけられる時間は5秒程度しかありません。実際の動物の判別に自信があったとしても、どのようなイラストが出るのか、判別のポイントがどのように記載されているのかを知っておけば試験官を目の前にしても落ち着いて判断ができるというのものです。

結果

無事に合格できました。実際に狩猟するには狩猟登録するなどの手続きが必要になりますので、この免許だけで自由にわなを仕掛けて良いというわけではありませんが、自分のできる事が少し広がった気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました