メモ : 無印良品でシステムトラブル

メモ

「無印良品」でシステムトラブル、通販サイトとアプリが利用不能に | 日経 xTECH(クロステック)

年末年始は休暇となる事業者が多いので、このタイミングでシステムの更改を行う所も多くあると思う。システムの担当者にとっては苦労の多い所なのだが、年間を通してみても休みがわかりやすいところは正月さんがにち程度しかない。小売業にとってGWは年度が変わったすぐ後の連休という事もあって商売にとっては掻き入れ時だったりするし、お盆の頃は帰省に合わせてやっぱり忙しい時期で、各地方によっても休暇となる日程が若干異なっていたりする。それに比べて12月31日から1月3日ぐらいまでなら休みであっても、あぁ良い正月だねって感じで休日であっても受け入れられやすい。

そんな年末年始はベンダーも休業であったりするので、急にサポートが必要になっても困難どころか連絡すらつかないってことになりやすい。それは大変困ったことなのでシステム移行が確実に実施できるようにリハーサルを含めて慎重に準備を進めたりするし、それでも何かあったときのためにベンダーに特別体勢を準備してもらったりもする。

きっとその程度の準備は行なっていたのだろうけれども、それでも移行が完了しなかったのだろう。関係者の方々はホントにお疲れ様です。

2020/1/16 追記

スクリーンショット 2020 01 16 10 59 23

1月中旬から1月下旬へ延期になっちゃいました。

元々は1月1日午後にリリースして初売りとかしたかったのでしょうが、1ヶ月の延期ということで機会損失はかなり大きくなってしまうのでは無いでしょうか。

それにしても2週間単位で延期を繰り返すというのは見込みが甘すぎたと言わざるを得ないでしょう。1日のリリースに失敗した時点である程度の対処見込みが立っていたのかも疑問です。十分な処理速度が得られなかったからという話も出ていますが、単にボトルネックがあったのかそれとも不具合によって正常処理ができずに結果として遅くなったのか、根本的にダメダメだったのかによって対処は異なってきますし、必要な期間も異なります。

年末年始で対応に2週間というのは問答無用でリソースを割り当てる采配があってもかなりの突貫工事の印象がありますので、見通しがあってのアナウンスだったと想像しますが結果的には外してしまったというところなのでしょうか。

なんにしても対応しているエンジニアの方々は大変な現場になっていると想像に難くありません。ご自愛くださいませ。

2020/1/21 追記

昨日限定ながらもリリースされました。

とは言え、当初予定していた機能が省略されているってことは完全では無いって事であくまでも暫定的という事のようです。

リリースができないまま長期化するよりも一部機能であっても構わないので復旧させることを選択したのでしょう。ただ、twitterでは遅いとか検索が正常に動かないとか色々評価が上がっています。

不完全ながらもリリースされたことで傷口が広がらなければ良いなと思うのは穿ち過ぎでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました