メモ : カインズ棚割アプリ

メモ

お目当ての売り場を瞬時に案内、カインズが異例のスマホアプリを作れたワケ | 日経 xTECH(クロステック)

これって何気にすごい事だと思う。

今は店員が顧客からの問い合わせに応えるために使うことを想定しているようだけれど、一般アプリとしてリリースまでできてしまえばオンラインショップから実店舗までの導線ができるのではないかな。

アプリで検索して在庫がある近くのショップの棚までわかる便利さを提供しつつ、カインズ側は検索したユーザがどのあたりに住んでいるのかとか、一緒に購入しているものはなんなのかとか、検索したけれども購入しなかったのは何故なのかっていう分析に役立てられるのではないかな。

今までカインズで扱っていると思わずに店員に尋ねることすらせずに他のスーパーなどで購入していた日用品なんかを手元のスマホで簡単に検索して陳列棚まで案内できたらすごいじゃない。もしできることなら、他社のプライベートブランドの例えば洗剤のバーコードをスキャンすると検索結果はもちろん見つからないけれども、その代わりにカインズブランドの洗剤を提示できるようになれば実店舗での競争からスマホ上での競争に変化するかも。

この辺りの実店舗とスマホアプリとのせめぎ合いは今後激しくなっていくかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました