霧ヶ峰をうろうろしてきた

ハイキング

気温もぐっと下がってきて肌寒い気候になってきました。

紅葉シーズンも終わってそろそろ雪の便りもちらほらと聞こえてくる頃だというのに霧ヶ峰に行ってきました。

道すがら横川SAで峠の釜飯で腹ごしらえです。

IMG 0182

以前は上信越道の下りは”だるま弁当”、上りは”峠の釜飯”と販売が分かれていましたが、リニューアルして下り側で両方とも販売されていました。峠の釜飯好きとしては嬉しい限りなんですが、お値段1000円というのはちょっと財布に痛いです。覚えている限りでは800円の時もあったのですが。それはそうと上り側ではどうなんでしょうか。

車山肩からスタートして車山山頂を目指します。霧が結構濃かったのですが、みるみるうちに晴れてきてハイキング日和になりそうです。

IMG 0183

写真の通り路面は石がゴロゴロしていているものの結構歩きやすい道が続いています。気温は5度程度でしっかり防寒しつつも歩いていると暖かくなってくるので適度に調整しながら登っていきます。

ものの1時間程度で車山山頂に到着です。

IMG 0186

周囲に木は生えていませんし、近くに高い山が無いこともあってとても見晴らしが良いですね。澄んだ冷たい空気がとても美味しい。体がリフレッシュされて行くようです。

車山にはレーダードームが設置されています。大自然の中にいかにも人工物ですって感じでドンとあるのですが、不思議と違和感を感じません。変に飾らず球と直方体というデザインだからなんでしょうか。

IMG 0190

ここまでは駐車場からリフトで直接来られるので小さな子供をつれた家族も結構きていました。行楽シーズンでしたら結構混み合うのでしょうね。

IMG 0200

山頂の車山神社で道中の安全を祈願して次のポイントへ進みます。

IMG 0194

IMG 0204

登ってきたのとは反対側に降りていきます。遠くに白樺湖が見えますね。

IMG 0206

隣の山とでもいうのでしょうか、蝶々深山を目指します。

IMG 0207

ちょうどお昼頃ということもあって、ハイカーの皆さんが昼食をとっていました。

IMG 0211

私も昼食にします。カレー麺と行きたい所でしたが、都合により謎肉で。

IMG 0220

IMG 0218

お腹を満たしながら今後のコースを考えます。景色を楽しんだし、空気も美味しいしでショートカットして帰ることもできますし、せっかくなのであちこち行ってみようか迷いどころです。

蝶々深山から八島湿原を眺めます。よし、あそこまで行ってみましょう。

IMG 0221

物見岩まで来ました。

IMG 0222

これって自然が作り出した形ですよね?確かに周囲は岩がゴロゴロしている地形なのですが、これだけ大きな岩がこんな形でそびえていると何かの力を感じずにはいられません。

そして八島湿原もだいぶ近くに見えてきました。

八島湿原に向けて下っていくと少しづつ木々が増えてきました。ちょうど森林限界辺りを歩いているのでしょう。

IMG 0229

沢も見られるようになり、湿原までもう少しです。

IMG 0233

IMG 0236

到着です。

と、行っても季節柄草花はすでに枯れていて一面赤茶色なんですけどね。

IMG 0237

IMG 0243

IMG 0247

IMG 0248

IMG 0254

もちろん春頃や緑が生茂る頃も見頃なのでしょうけど、こう言ったちょっと寂しい景色もなかなか楽しめます。

ここからは沢渡を経由して車山肩まで戻ることにします。

IMG 0256

沢渡から車山肩まではがっつり上ります。ここまでで一番厄介な道かもしれません。無理せずマイペースでボチボチと登っていきます。

IMG 0259

レーダードームが見えてくるともう一息。

IMG 0261

上りきったので振り返ります。八島湿原がずいぶん遠くて下の方に見えますね。

IMG 0262

およそ6時間弱の道程でした。

霧ヶ峰といえば、ニッコウキスゲなどの四季の花々とか国の天然記念物に指定されている湿原とかと言ったイメージがありますが、こんなシーズンでも雄大な景色と新鮮な空気の中を散策してみるのも良いですね。

帰りは佐久IC近くの”ちゃたまや”でジェラートをいただきました。

IMG 0266

コメント

タイトルとURLをコピーしました