しまなみ海道行ってみた

サイクリング

誰が言い出したのか定かではないですが、サイクリストの聖地と言われているらしい”しまなみ海道”。

尾道と今治間を瀬戸内海に浮かぶ島々を通じてサイクリングロードがつながっていて、海岸線を楽しみつつ海の上を走り抜けるという爽快なコースになっています。

場所柄交通量も少なくてサイクリングには最適な環境ですね。

尾道からのスタート言っても最初の向島まではフェリーで渡ります。人と自転車での料金は110円と超リーズナブル。

IMG 0104

向島のフェリーターミナルからは道路の脇に青い線が引かれていて今治まで案内してくれます。道のりの所々には看板も設置されているので迷うことなく走れるようになっているのも嬉しい所です。道に迷いそうで不安を抱えていたら楽しめないですからね。

向島から因島へ渡って島をぐるっと回って大山神社へ向かいます。大山神社は自転車の神社として知られていて、自転車のお守りなども売られています。もちろん御朱印も自転車バージョンもあるので御朱印を集めている方は御朱印帳をお忘れなく。ここで販売されている御朱印帳には自転車がデザインされているので御朱印帳も購入されてもいいですね。
この大山神社には耳明(みみご)神社があって、耳が良くなるご利益があると言われています。こちらも忘れないようにお参りしました。

大山神社で自転車のお守りを購入しました。ハンドルなどへワンタッチで取り付けできるようになってます。

IMG 0181

さて、しまなみ海道といえば”はっさく大福”でしょう。向島から因島に渡って直ぐの”はっさく屋”からは因島大橋が一望できますので”はっさく大福”を味わいながら小休止。

7D570E6A DA84 4D48 9E72 32474850A634

生口島に渡って海岸線を進むとジェラートで有名な”ドルチェ”があります。店内には約10種類のジェラートが並んでいて迷いに迷ったのですが、生口島はレモン栽培発祥の地とということでレモンとイチジクの組み合わせでいただきました。

IMG 0131

大三島に渡ると直ぐにサイクリストの聖地の碑があります。自分で聖地とか言っちゃうのってどうなのよって思ったりしますが、まぁ良しとしましょう。多々羅大橋をバックにした記念写真スポットになっていました。

IMG 0134

大三島には大山祇(おおやまづみ)神社があります。とても立派な神社に驚いて調べてみたら歴史も由緒もある神社でした。事前準備してくれば良かった、ちょっと後悔。

大山祇神社では兜のお守りとして自転車のヘルメットに両面テープで貼り付けるお守りを購入しました。

IMG 0180

その他、国宝や重要文化財が多数展示されているとのことです。ゆっくりみて回っておきたい所ですが、今回は惜しみながら後にしました。

昼食には大山祇神社の直ぐ前のお店の猪骨ラーメンを頂くことにしました。塩、醤油、味噌の三種類あったので味噌をチョイス。チャーシューとメンマを追加トッピング。猪なので味噌で獣臭さを消す感じかななんて思っていたのですが、全く獣臭さを感じませんでした。次に食べるときは塩をチョイスしたいです。

IMG 0145

伯方島と大島を抜けて今治にて一泊。今回はゴールをしまなみ海道起点の今治駅前にしましたが、駅前はそこそこの交通量があることもあって、しまなみ海道を端から端まで走りたいというのでなければ避けたほうが無難かもしれません。来島海峡大橋を渡って今治に入った所辺りをゴールにしたほうが趣はある感じですね。

今回は時間配分を見誤ってあまり寄り道ができませんでした。あまり何度も来れない所なので、もっと余裕を持って散策できれば良かったと思ってます。いや、でも、走りやすくて見所多くて何回にも分けて楽しむのが正解かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました